2013年08月25日

北海道旅行記3日目

今日の行程は旭川→帯広。
その途中には美瑛や富良野があり、そこを見ながら南下する。

マイルドセブンの木

美瑛にある「マイルドセブンの丘」と呼ばれるところ。
僕はタバコ吸わないので、ピンとこないけれども。

ファーム富田の花

富良野にあるファーム富田にある花畑。
ラベンダーで有名らしいが、あいにく季節がずれていたようだ。

インパチェンス

これは理系魔人たちにはおなじみのインパチェンス。

このまま帯広に向かってもよかったが、まだ時間に余裕があったので夕張に行ってみることに。
なんというか、雰囲気が、地元でいえば大牟田みたいな町である。
夕張と言えばメロンが有名だが、メロンはあまり好きではない…。
なのでここでは石炭博物館へ。

夕張炭鉱

夕張炭鉱の歴史や史料だけでなく、実際に坑道に入ってみることもできる。
実際にライト付ヘルメットを被って回ることになり、臨場感を味わえる。
なお、閉じ込められたり靴を発見したりすることはない。
こうやって見学するだけなら楽しいのだけど、当時の労働環境は過酷極まりないものだ…。

炭鉱の歴史について学んだところで、帯広へ。
まずはいつもの通りQMA巡り。

ディノス帯広でプレイ

今日は紫宝魔龍の日だったので、ここから魔龍を討伐に。
そして僕が魔人に討伐された。

適度に理系魔人たちと遊んだ後、本日のメインイベント、ばんえい競馬観戦へ。
昔は他の競馬場でも行われていたのだが、今はここ帯広競馬場でしか行われていない。
どんな感じなのかというと…

騎手はじめました

…ではなくて

ばんえい競馬

こんな感じで、2箇所の坂が設けられたコースを重量のあるそりを引いて競争するというものだ。
普通の競馬と違いスピード感はないが、サラブレッドよりも大きな馬がパワフルにそりを引いて坂を駆け上がる姿はとても迫力がある。
実は中学生のころから存在は知っていて、一度見てみたいとずっと思っていた。
この歳になって実現できて感激である。
タグ:旅行 北海道 QMA
posted by じょる at 22:32| Comment(0) | 日記