2013年09月14日

九州杯、そしてGESUTARO

今日は待ちに待った、楽市楽座箱崎での九州杯。
久しぶりの大会だから、テンションも上がってくる。
参加者は九州内だけでなく本州、一番遠いところで宮城という方も。
僕が会場についたころには、すでにたくさんのプレイヤーたちが。

12時から一通りの説明があり、それからついに試合開始。
1回戦の相手は、はくまいさん、おどるかめヤプシさん、ふくだかのんさん。
この組み合わせでは、相手も最初からそれなりに本気を出してくるに違いない。
中途半端なものを投げたら僕が負けてしまいそうだし、もちろん僕も負けたくない。
なので最初から理系自由形式(順・連・物化)を投下。
やはり理系があると安心してプレイでき、最低限のミスで相手の出題をかわし、1位通過。

2回戦は、すおうももこさん、モコイさん、しがきたろうさん。
2回戦最後の組だったので、相手が何を投げたのかをじっくり確認して、投げるものを決める。
なお、基本的にボンバーマンなので理系はもう投げることはできない。
考えた結果、文系線結びを投げた。
これが予想以上に暴れまくって、自セットでいい感じにリードをとる。
続いてスポJ、芸グルといった怖いものが飛んでくるも、これを生かして1位で逃げ切る。

3回戦は、はづきちかさん、ふーじーさん、オンテンバールさん。
今度は前回とうって変わって3回戦最初の組。相手を調べている暇がない。
また3回戦は4人それぞれ形式が書かれたくじを引いて、その出た4つのジャンルしか使えない。
出たカードは連想、キューブ、順番当て、サブジャンル。
2つも使えないじゃないですかー!(サブジャンルは、それぞれ別形式扱いされているのでよい)
サブジャンルは理系以外使いこなす自信ないので、必然的に形式はキューブ。
あとは相手のグラフを見て、芸能キューブを投下。
とりあえず自選は五分五分。あとは実力勝負。
とにかく問題を落ち着いて見て、キーボードは見直してと慎重にプレイ。
なんとか2位に滑り込む。

次はなんと準決勝。いくら途中で最強クラスの人と当らなかったとはいえ、ここまで来れたのは僕もびっくりである。
でも次の相手はほへほへさん、まほうよわいさん、LAMOUCHIさん。ここにきて本気でやばい人たちに当たる。
この回は、それぞれが相手の出題を見ながら、相手に出してほしくないジャンル、形式を1つずつ選ぶ。
僕はスポーツと連想を封印すると決めていた。
あとは、相手が出したいジャンルが封印され、理系が残ったら、誰かが理系を出してそれでワンチャンあるかも…。

なんて考えたが、封印されたのはスポーツ、ライスタ、理系。形式は○×、四択、連想。
最後の希望まで消えてしまったという感じだ。
仕方がないので、アニゲ並べ替えを投げる羽目に。
分岐前で飛んでしまったりと、完全に相手にのまれている。自分の出題でも逆に相手に差をつけられる。
結果4位で、ここにて敗退。もっといいところを見せたかったが、実力が足りなさすぎた。

決勝は、ここの1位2位だったまほうよわいさんとほへほへさんがそのままワンツー。
最後まですごく接戦で、どちらが勝つのか本当に分からなかった。
まさに決勝って感じの見ごたえのある戦いだった。すげぇ。


表彰が終わったら、表彰式と、参加者が持ち合った商品でお楽しみ抽選会。
実は僕も、先日北海道で狩ってきたアピにゃん(とお菓子など)を提供した。

アピにゃん



抽選の結果、なんと僕にも何かが当たったようだ。
何かな…とわくわくして受け取ってみると…



キングアピにゃん

でっかくなって帰ってきた。
倍返しどころの話ではない。おおよそ100倍返しといったところか…
でもかわいい。


この後は、むしろこちらが本番ともいわれる打ち上げ、その名も「GESUTARO」。
名前の通り、多数のげす○○が発生していた…。


たくさんのプレイヤーや、懐かしい顔を見れたりして、非常に楽しいイベントだった。
このような大会であったのは、プレイヤーだけでなく、きちんと企画、進行してくれたスタッフの方々がいてのものであろうと思う。
この場で、お礼を申し上げます。すばらしい時間をありがとう!

タグ:QMA
posted by じょる at 23:59| Comment(0) | 日記